妊娠中の肌は敏感になっている

妊娠すると、女性ホルモンバランスが変化することに伴い、敏感肌になる傾向があります。

人によってその程度に差はありますが、妊娠すると少なからず普段よりも肌が敏感な状態になってしまいます

妊娠して、今まで使っていた化粧品が合わなくなったと感じた際は、敏感肌を疑ってみましょう。

肌が敏感な状態になると肌の老化が進んでしまい、しわができやすくなってしまいます。

妊娠して敏感肌になっているときに、増えてしまったシワをケアしようとして普通肌用のエイジングケア化粧品を使用すると、肌にしみたり肌荒れしたり、肌トラブルが余計に悪化してしまう可能性があります。

妊娠中のシワ対策には、敏感肌専用の刺激が少ないエイジングケア化粧品を使用することが有効です。